マンション査定の種類

自宅のマンションの価値がどれくらいなのかを知りたいと思ったら、まずは不動産会社に査定を依頼します。査定にも「簡易査定」と「訪問査定」の2種類があります。

まず「簡易査定」は、過去の売り出し事例や公示価格などのデータによって算出されるものです。物件の種類や所在地、面積、築年数などを入力するだけで簡単に査定価格を知ることができます。

一方「訪問査定」は、簡易査定のデータに加えて、実際に不動産会社の社員が現地を訪問して、物件の使用状況や周辺環境など、様々な要素を調査することです。

簡易査定は、住み替えの際、今のマンションの価値がどれくらいなのかを知ることに向いていて、法うもん査定は、実際に売却を考えている場合に向いています。

おすすめはこちら→不動産売却一括査定「イエウール」


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。